検索
  • 渡邊一翔

☆彫塑ロジュエ11月の会☆ 1-②




前回に引き続き、彫塑ロジュエの11月の会が行われました。10、11、12月と同じポーズで3回続きの2回目です。この日も十人前後の方々に集まっていただきました。

油粘土やNSP粘土で作る方々は、全体のボリュームはついていますから、2日目となると比較的、人体構造や細部にまで差し掛かっています。これらの粘土は、とってつけてのやり取りが容易なので、大胆に作っていくことも可能です。

石粉粘土でつくる組は、今日から思い切ってボリュームをつけていきました。前回は中心となる部分に針金で芯をつくり、あらかたの粘土をつけて固める中心作りに徹していましたが、中心がしっかりして土台となった今回から、人体となるボリュームつくりに入ってきました。石粉粘土は彫塑用アングルなしなので、トルソー制作を行っています。中でも大方は上腕から下と腿から下を省いた像です。トルソーは、胴体部分の造形に徹して観察を深めることはできますが、手足がない分、全身と比較しての各部のプロポーションが取りにくいという難しさもあるようです。加えて、作らない部分も想像して、作っている部分を作る必要があるので、そのあたりも苦労があるのかなといった感じです。

様々な苦労や彫刻の難しさはあるものの、普段からデッサンや絵画を頑張っている方は、やはり観察の深さが伺えました。情報量の多さと、よく見ている感じの、リアリティがあります。観察することを基礎として、彫刻独自の技術や捉え方、場合によっては省略の仕方や。面的なまとめ方などを獲得していくと、より彫刻らしい感じがでてくるだろうなと思いました。

同じ写実でもデッサンや絵画は、はじめ平面的に描いても、上から調子をのせたりして、あとから立体感をだすこともできますが、彫塑の場合は、平面的なまま表面を作ってしまったら、それを立体として正しく修正するためにはすべてそぎ落とすか、被せるかしなくてはなりません。そのあたりが彫塑の厳しいところなのかと思いました。

次回は12月17日です。美しく年末を締めたいところです。


114回の閲覧

最新記事

すべて表示

【お知らせ】ロジュエモデリングは暫くオンライン上に移行します。

皆さま大変ご無沙汰しております。  ロジュエモデリング東京、モデルを用いた彫塑を行う集まりとして、2016年から2019年末までコンスタントに開催しておりました。その間にご参加くださった方々には大変感謝をしております。2020年からは京都アトリエロジュエから渡邊一雅氏を主宰にし、頻度を減らした開催とする運びで計画しておりました。しかしながらこの度のコロナショック等もありまして、なかなか難しい点もで

2020年 路樹絵モデリング(東京)

新年明けましておめでとうございます。 2020年度より京都路樹絵主催者、渡邊一雅も加わって運営いたしますので、宜しくお願致します。 モデリング【立体造形】平面表現から立体に繋げる為のデッサン指導セミナーを行いますので、(平面と立体)のリアリズム表現の実習です。 京都路樹絵 渡邊一雅

 所在地 千葉県松戸市​     ご連絡先 heiho2020@gmail.com
©2016 渡邊一翔個人工房. All rights reserved.